fc2ブログ
関西4タワーブログ
  「梅田スカイビル空中庭園」 「京都タワー」 「神戸ポートタワー」 「通天閣」が集結! 関西のタワーの情報を リアルタイムにお伝えします!
プロフィール

関西4タワー

Author:関西4タワー
関西4タワー管理人

  • メール

  • 管理画面
  • カレンダー

    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    京都タワーを見つけて
    多くの書籍やテレビで、京都といえば…な写真や映像内で、
    京都タワーの含まれたものをよく見つけると思います。

    それは、京都タワーより大きい建物が無く、京都の市内で町並みの海の上に浮かぶ
    灯台のように、すっと立っていたり、京都のシンボルと言われたりしているから…
    だから、京都タワーの写った景色というのは、祇園や神社仏閣の「京都らしさ」とは
    また違った「京都らしさ」といえるのではないでしょうか。
    もちろん、その「らしさ」には賛否両論があるのもひとつの大きなポイントですね。

    さて、そんなタワーの展望室にのぼるということは、「京都タワーの存在しない京都の景色」
    を見ることであることにお気づきでしょうか。
    まぁ、多くのタワーはそうなんですが、直下ポイントなどで塔体を見たりすることは出来ても、
    タワーのある風景というのは、たとえば京都なら、清水寺、船岡山、将軍塚、などなど
    遠くに離れてタワーの形、存在を見るものですね。

    そんな京都タワーの展望室から京都を眺めたとき、もちろん同じ高さの建物はありません。
    山々は丁度目線が同じくらい、45年前に比べてビルも増え、あんまり思い描く京都らしさと
    いうものを感じづらい部分があるかもしれません。

    お寺や五重塔など望遠鏡で見つけることが出来、旅の足跡を辿ることが出来ます。
    が、注目して欲しい部分をご紹介。

    例えば駅前広場や交差点で歩いていると、京都中央郵便局や、駅ビルに京都タワーが
    うつって見えるときがあります。
    それを京都タワーから見つけてみましょう。


    02

    駅ビルに反射するように写るタワー
    視点は展望室1階のスカイギャラリーくらい。
    展望室からだと、白い塔体を見つけられるはずですよ。

    01

    この撮影時間が2時半ごろです。
    当たり前のようですが、こんなカタチの影を街中に見つけることが出来たら、
    ちょっとおもしろいのではないでしょうか。

    ちなみにこの写真、丁度京都タワーが北を指していました。
    季節によっても違います。

    「北はあっち」
    そう言ってるようです。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://4tower.blog10.fc2.com/tb.php/309-f846fc43
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)